calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

plofile

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

links

archives

search

mobile

qrcode
<< 稽古 | main | 皷魂の会。。。 >>

プロフィール 掲載。

 皆様、ちょっとこの場を借りまして、プロフィールを掲載させていただきますね。
プロフィールを見たいというお声をいただき、
大変僭越でございますが、載せさせていただきます。

では今日も素敵な1日でありますように!!

       


      紫蘭まき プロフィール

 

東京芸術大学邦楽科卒業。同大学院卒業。

長唄東音会同人・長唄協会会員三歳より長唄を父、東音福田克也に師事し、三味線を祖母杵屋和佐恵に手ほどきを受ける。

芸大在学中に常英賞受賞。

また、新派公演で舞台効果での唄を評価され、国立劇場より特別賞を受賞。

その他舞台音楽などの参加をはじめ、落語家とのセッション、韓国の伝統音楽とのセッションをソウル・北九州・大阪・名古屋・東京新国立劇場などをまわり、ラジオ、テレビ出演も含め、多岐にわたり活動中。

長唄「紫蘭乃会」を設立、後身の育成にも力を注ぐ。

20084月には国立劇場主催「明日を担う新進の邦楽鑑賞会」の長唄部門に若手のホープとしてタテ唄として抜擢され、大舞台を務めた。

20103月に歌舞伎界の中村福助らと共にフランス、イギリスツアーに参加。タテ唄として世界をまわり、伝統音楽を世界に発信していく事にも力を注いでいる。

2011.11.27には震災復興として福島にて伝統音楽での公演を行う。

20122月には新橋演舞場の歌舞伎本興行にて坂東三津五郎らの芝居で

効果音楽の唄を担当。

今年のNHK大河ドラマ「平 清盛」に出演し、白拍子役にて唄、舞を披露した。

また、8月にはNHK「にっぽんの芸能」に出演。

これからの長唄をアピールした。

また、紫蘭自身で企画・構成し、「歌蘭譜」(うたらんぷ)と名付け、ライブを行っている。 古賀政男記念館やTOKYO FMホールにて長唄・POPS両方を取り入れて和洋折衷の「歌蘭譜」コンサートを行った。

特に近年2011.7.2の歌蘭譜では酒井政利音楽プロデューサーを監修に迎え、日本のうたを伝えるべく、本物を追求したいと精力的に活動している。

レトロモダンをテーマに、懐かしいけどどこか新しい、言葉を伝えられる、そんな、日本人に流れるモノを大事にした音楽を伝えたい。

そして全身全霊で<うた>というものを追求していくべく、活動している。

| - | 13:46 | comments(1) | shiranmaki |

Comment

いわきで拝見いたしました。素晴らしいに尽きます。私も過去に「仕舞」をしていましたが、舞いに合わせて謡をするのですが、今回の最後の踊りの時に踊り手を見ながら唄をやや伸ばしたりしていることがわかりました。声の透明さ、腹式呼吸と肺活量のすばらしさ、すべてに感動して帰宅しました。機会があれば「山形屋さん」に稽古の拝見をしたいと思います。お疲れ様でした、ありがとうございました。
| 伊藤 | 2017/10/09 8:05 PM |

Send a message










Trackback URL

http://blog.shiranmaki.com/trackback/1000007

Trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/10/23 6:22 PM |